妊娠後期食事

妊娠後期にもなると、赤ちゃんがぐんぐん育ってきてお腹は大きくなり、また赤ちゃんの動きが活発になることで寝苦しくなったり、胃が圧迫されたりして苦しくなりますね。
人によっては、後期づわりがに悩まされ、あまり食べられなくなる人もいるでしょう。
赤ちゃんに必要な栄養素が摂れているのか、心配になりますね。

 

今回は、妊娠後期に大切な食事をお伝えします。

 

 

 

 

妊娠後期には、中期以上に塩分を控える食事をとるようにしましょう。
妊娠高血圧症候群になりやすい時期だからです。
また、産道に必要以上の皮下脂肪がつかないように、カロリーオーバーにならないメニューにしましょう。
体重が増え過ぎると、難産のリスクが高まるばかりか、出産後に会陰切開の傷が治りにくくなってしまいます。

 

食事から摂りたい栄養素は、やはり葉酸、鉄、カルシウムになりますが、さらには食物繊維も意識して摂るようにしましょう。
赤ちゃんが大きくなるに従い、便秘になる方が増えて来ます。
便通を良くするために、食物繊維の多い野菜や玄米などがおすすめです。

 

逆に、甘い物は控えるようにしましょう。
カロリーオーバーにつながるだけでなく、出産後に母乳の出方に影響して来ます。
高タンパク低カロリーな、あっさりした食事を摂るようにしましょう